犬山市の鍼灸院|首、肩や腰の痛み、スポーツ障害【鍼灸治療院くり木】

犬山市にある鍼灸治療院くり木です。

超音波治療器などの物理療法や鍼灸、運動療法を用いて施術します。

腰痛治療、肩こり治療、交通事故治療などを行っています。

お問い合わせやご予約はこちらまでお気軽にどうぞ
スポーツ障害の治療も行っている鍼灸治療院くり木です。
鍼灸治療院くり木で肩こりの改善をします。午前9:00~12:00/午後3:00~8:00

鍼灸治療院くり木は犬山にある腰痛治療ができる鍼灸院です。木、日、祝、土曜の午後

テキストサイズ 小 |中 |大 |

万が一交通事故にあってしまったら鍼灸院での治療も可能です。

交通事故にあわれた方

HOME > 交通事故

当鍼灸院では交通事故による自賠責保険(交通事故保険)の治療の受け入れをしております。

病院や接骨院からの転院も可能です。


国家資格である、鍼灸師の有資格者が治療にあたります

損害保険会社の担当者様へ、電話にて「鍼灸治療院くり木での鍼灸治療(はりきゅうちりょう)を受けたい。」との、ご希望をお伝え下さい。

安心安全な鍼灸治療を提供しています。」


保険の担当者様より「鍼灸は保険が使えない」といわれましたらご相談ください。当院より担当者様とお話させていただきますのでご安心ください。

鍼灸院での交通事故治療までの手続きについて



1.交通事故発生したら??⇒まず、警察に連絡しましょう。


交通事故にあってしまったら適切な治療が必要です。鍼灸院に連絡する前に、警察へ電話し、必要な手続きを行いましょう。必ず警察には連絡しましょう!

被害の程度によっては、そのまま警察に届けずに済ませてしまう場合もあるそうですが、これは運転の違反をしていますので届けておいた方が良いです。

あとでトラブルが発生!なんてことも多いので気を付けましょう。

また届け出が遅れることによって場合によっては、被害者、加害者、共に交通事故認定ができず、保険適応が受けられない場合があります。

【必ず、警察に連絡してください。】


2.病院で医師の診察と損傷部位の診断書の発行⇒病院へ行き医師の診察




鍼灸院での治療にはまず、医師の診察が必要です。犬山で鍼灸治療を受ける場合には、まずお近くの病院にご相談ください。そして当院まで交通事故治療を受けたい旨お伝えください。事故に遭った直後は、気が混乱していたり、興奮していてあまり痛みを感じずに、翌日以降に症状が出ることも良くあります。腫れを伴う症状の場合あとからどんどん腫れてくることもよくあります。

追突時の衝撃の強さと、むち打ちの症状の強さは比例しません。 

車が壊れないような低速での追突でも、当てられた向き、備えの程度、持っている筋力、その後の仕事の仕方など個人差によって、むち打ちが悪化する事や、なかなか症状がひかないことが多々あります。

軽い症状だと甘く見ないで、必ず診察を受け、診断書を発行してもらってください。 その際、鍼灸治療を受けたいといっておくとスムーズです。

人身事故の場合は後日、診断書を警察に提出することになります。

【その際、必ず診断書はコピ-しておいてください。】



3.加入している自賠責(交通事故)保険会社の確認⇒各保険会社の担当者様へ連絡


犬山の鍼灸院で交通事故を治療してみませんか?当院での治療で早期に交通事故から復帰しましょう。通事故被害者の場合、相手方の自賠責(交通事故)保険会社の担当へ、『鍼灸治療院くり木での治療を受けたい』と申し出て下さい。

その後、当院にご連絡ください。

交通事故損害保険会社の担当者様によっては『鍼灸はダメ』と言われる場合がありますが、鍼灸でも自賠責保険を使うことができます。

自賠責保険を支払う損保保険料率算定機構は鍼灸の治療を認めております。

また患者様には医療機関を選択する権利があります。


鍼灸は認められない』このようなことを言われた場合は当院にご相談ください。

法律上医師の同意書も必要ありません、、が、現状では医師の許可が必要になることがありますので、そのような場合は当院へご連絡ください

既に他の治療院に通っている場合の転院も可能です。

保険会社への連絡のみで可能です。自宅から遠い、症状が良くならない、など、様々な理由で転院される方がいらっしゃいます。保険担当者によっては通勤先の側と自宅側の二つ通う、と言うことも出来ます。




4.交通事故の怪我や後遺症で最も多いのは、むち打ち損傷です。



衝撃によって、首が意思とは関係なく強制的に勢いよく前後に曲げられることにより、首の筋肉、関節に大きな力が加わります。

この力により靭帯や、周囲の組織に炎症が出現します。この変化は骨折をしているわけでもないので、レントゲン写真やMRIなどの検査ではわかりづらいかもしれません。



犬山市の当院では交通事故のむち打ち症に対して鍼灸治療を行っています。むち打ち症状は、首、肩だけではなく、背中の痛み、頭痛、吐気やめまい、手のしびれなどにも及ぶ場合もありますです。

時間が経ってから頭痛、頭重感、目の疲れ、肩こりや体全体のだるさ、腰が重いなどの自律神経失調症状が出てくる場合もあります。



交通事故での症状や程度の続く期間は、必ずしも事故の大きさと一致しませんので、交通事故にあわれたら、こうした痛みや不安を早期に取り除くためにも早い段階から交通事故鍼灸治療を始めることをおすすめいたします。


人は、ある程度の期間、痛みをかばった姿勢で生活すると、その体の動きが脳に記憶されます。痛みを早期にとるような治療を行い、痛みがとれてきたら元の動きができるように体を正しく使うように運動療法を行っていきます。



交通事故治療の大まかな流れ


まずはご相談ください。

むち打ちについて詳しく↓

むち打ち治療なら犬山市で評判の良い当院をお勧めします。

むち打ちの代表的な症状には、頚肩などの痛み、運動時痛などの痛み、腕にかけてのしびれや頭痛、めまいがあります。

むち打ちで頸椎などや周りの組織に損傷を負うと、何もしていなくても鈍痛や首を曲げたり、回す動作で生じる動作時の痛みを感じたり、動かせていたところまで動かせなくなるなどの制限が出たり、これまで何ともなかった作業で首や肩が痛み始めるなどの症状が現れます。




頭痛は、むち打ちに多く見られる症状です。

交通事故後のむち打ちは是非当院にお任せください。頭痛の感じ方には個人差がありますが、今まで出ていた方はもっと強くなったり、何もしていなくても重い感じがしたり、症状が強い方は拍動に合わせて痛くなるなどつらい症状が出てくることがあります。

また、耳鳴りやめまいが起こる場合、バレ・リュー症候群というむち打ち症が疑われます。耳鳴りやめまいも、症状の現れ方には個人差があります。少しでもおかしいなと感じたら、医療機関の受診の他にも、鍼灸治療院や接骨院の利用をおすすめします。


こんな症状もむち打ちのせい!?


首は、脳からの神経が通っているため、衝撃を受けることで起こりうる症状も沢山あります。

関連がないように思われるかもしれませんが、脳から内臓へ神経が行くので、顔がこわばる、目の疲れなど頭部の症状だけでなく、声のかすれ、食欲不振・消化不良、手足の痺れ、頻尿・便秘などの症状はむち打ちと関係していることがあります。

これらの症状は、脳内の血液量の低下、血行悪化、神経の圧迫、神経の損傷などによって引き起こされます。


事故後に医療機関を受診した方が良い理由

交通事故を起こした時に、目立った外傷がある場合は何も考えずに病院にとりあえず行きますよね?

ただ、目立った外傷がなかった場合、交通事故治療のためにわざわざ医療機関を受診されないという方もいるかもしれません。時間がなかったりめんどくさかったりと理由はそれぞれだと思います。
事故直後は違和感がなかったとしても、数日後に事故の影響が顕著になることは多々あります。

特に、むち打ちは、そのときは症状が無くても(事故に会い興奮していたりするとアドレナリンが出て痛みを感じなかったり、損傷した箇所が軽く気づかない程度でも筋肉が徐々に固くなってしまい痛みを後から出すなど)遅れて現れやすいため、発見が遅れやすいと言われています。

対処が遅れると、慢性化したり、最悪の場合、むち打ちの痛みと一生付き合っていかなければならないケースもあります。

また、むち打ちは交通事故に限られたものではありません。首や肩、背中に大きな衝撃を受けた場合は、外傷の有無に関わらず、早期に交通事故治療を行っている医療機関を受診することが大切です。


犬山市の交通事故治療なら実績のある当院鍼灸治療院くり木まで。鍼灸院でむち打ちの施術を受けるなら、犬山市周辺でしたら当院をご利用ください。

当院では、鍼灸師の有資格者が施術にあたりますので安心した交通事故治療を受けることができます。

病院での交通事故治療と合わせて利用したいという方もお気軽にご相談ください。

交通事故治療・むち打ちは犬山市の鍼灸院で【鍼灸治療院くり木】

当院はお一人お一人に時間をかける治療を行っているため、完全予約制ではありませんが、予約をとっての来院をお勧めしています。

当院は、扶桑、柏森、小牧などから治療に見えています。
小牧の腰痛治療や扶桑の肩こり治療、柏森のスポーツ障害治療など行っております。犬山市でお勧めの治療院です。ネット予約.png


犬山市だけでなく、岐阜方面からの来院もあります。犬山の鍼灸です。治療をして症状の改善を目標に施術をおこないます。