犬山市の鍼灸院|首、肩や腰の痛み、スポーツ障害【鍼灸治療院くり木】

犬山市にある鍼灸治療院くり木です。

超音波治療器などの物理療法や鍼灸、運動療法を用いて施術します。

腰痛治療、肩こり治療、交通事故治療などを行っています。

お問い合わせやご予約はこちらまでお気軽にどうぞ
スポーツ障害の治療も行っている鍼灸治療院くり木です。
鍼灸治療院くり木で肩こりの改善をします。午前9:00~12:00/午後3:00~8:00

鍼灸治療院くり木は犬山にある腰痛治療ができる鍼灸院です。木、日、祝、土曜の午後

テキストサイズ 小 |中 |大 |

腰痛.jpg

腰痛

HOME > 腰痛について

腰痛とは、
腰周辺に発生する痛みや重だるさ、違和感のことで腰痛に悩まされている方は1000万人とも3000万人ともいわれ一生の間に80%の人は腰痛を経験するといわれています。

最近は若い方から高齢者の方まで幅広くみられるようになりました。
症状は様々で「腰が重い、だるい」「ある動作をすると痛む」「寝ていても痛む」などあります。
ストレスとの関連性もいわれています。


腰痛(代表的なもの)

腰痛症
ぎっくり腰
椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症
腰椎分離・すべり症

腰痛症

いわゆる慢性的に腰が痛いという状態。症状は個人差があり、主にデスクワークなど動いていない人に起こるもの、スポーツや肉体労働など動くことでおこるものに分けられる。



○デスクワークでおこる腰痛

これは座り続けることで、股関節といわれる足の付けねの関節の前側に付着する筋肉に短縮が起こります。常に足が曲げられた状態になっているので、筋肉が縮んでしまいます。これにより腰が前に引っ張られることになり起こす際に過剰な力が腰にかかります。これにより慢性的に腰に負担がかかり神経や血管の循環が悪くなり腰に重だるさや痛みが発生します。ひどくなると股関節や膝のまわりの筋肉も固くなるので痛みが生じます。




○肉体労働でおこる腰痛

これは体の使い方によるものが大半をしめます。オリンピックの重量挙げの姿勢を思い出していただきたいのですが、重いものを持つ際の姿勢は股関節を上手に使う必要があります、腰を痛める方のほとんどがものを持つ際に腰やひざに頼っています。「足を使ってものを持つ」の意味を誤解し膝を優位に使ってしまうと腰を痛めます。
このタイプの方は腰の緊張と足の筋肉の緊張が強いので、緊張をほぐすのも重要ですが、体の使い方を覚えることで、仕事をしても腰が痛くならない体にすることができます。


ぎっくり腰

ふとした瞬間強烈な痛みが腰を襲い、起き上がることや動作を変えることさえ大変になってしまうもの。

☆なにが起きている??

整形外科では、画像診断でもはっきりとした原因を見つけられないことも多く、精神的なストレスから来ているとされることもある。痛み止めの注射やシップ等を処方される。
原因とされるものはいくつか下に記載していきます。


☆どうしていたくなる??

ぎっくり腰の原因はぎっくり腰になった人の数だけ原因がある!
原因はさまざまですが、その中でも共通してあげられるものがいくつかあります。

○筋肉の疲労が蓄積されて限界を迎える

痛み自体は急激に起こるのですがその原因となる疲労は蓄積され何かをきっかけとして痛みとして現れてきます。今までたくさん溜め込んだ物のため痛みはかなりのものとなります。
本来体には自然治癒力というものが備わっているため日々の疲れも毎日回復させていきます。しかし睡眠不足や偏食、食事制限などの不摂生やある一部分だけに負担がかかるような仕事をされている場合その自然治癒力が低下し疲労の蓄積へとつながります。

○骨格のゆがみ

骨格のゆがみといってもこれは骨が変形してとかではなく筋肉のアンバランスが生じて起きるものです。
簡単に言うと毎日使っているところは筋力が落ちにくいが、疲労が蓄積して固くなってしまう。
あまり使わないところは筋力が落ちてしまい、ゆるんでしまう。
このことが骨格のゆがみを作り本来負担のかからないところに過剰な負担がかかることによって、痛みを作ってしまう。

○過剰な負荷

若い人やスポーツをやられている方が起こすもので、かなりの重さのものを支えたり、
高いところからジャンプをして着地をした瞬間など腰に急激な負担がかかった際に起こすものがあります。自分の持っているキャパシティーを越えてしまって発生するものです。

○不適切な体の使い方

意外かもしれませんが、一般的なぎっくり腰は落ちているもの(軽いもの)を拾うときとか車で運転席から後ろの荷物を取ろうとした時など軽い動きでなることが多いです。めんどくさがって適当に体を使うと後で痛い目を見ますよ。

椎間板ヘルニア

症状はぎっくり腰のような症状に加えしびれや筋力低下を起こすものです。
椎間板と呼ばれる腰椎の間のクッションの役割をしているものから、その中心で荷重を支えている髄核が中心から外に移動することによって椎間板が外に突出し腰椎にある神経を圧迫してしまったものをいう。

☆起きてしまったら

程度により痛みやしびれは変わってきます。
痛みが強く動けないようであれば無理に動こうとはせず、痛みの強い部位を冷やして安静にすることが第一です。冷やす理由としては初期には炎症が生じるのでそれが広がらないようにすることが主な理由です。

☆治療は

手術をするか保存療法で行くか診察される医師によっても意見が分かれることもあるので納得できる方法を選択できるようよく相談し、決断してください。

保存療法でも日々の生活を見直し、体の使い方を学習し、症状を改善している方もいるのでしっかりと向き合って治療をしていかなければなりません。

腰部脊柱管狭窄症

脊柱管とは背骨にある脊髄の通り道のことでこの通り道が狭くなってしまい、神経を圧迫ししびれや痛みを出してしまうもの。

50~70歳に多く、だんだんと症状が現れてくることが多いので年のせいと決めつけてしまい放置されることも。


☆治療は

体の硬さ、筋力低下や日々の生活習慣も関係していることが多いので硬くなっているポイントやバランスが悪くなっている筋力を鍛えて改善していく。
それでも改善しない場合や症状が強い場合には手術療法が選択される場合がある。

腰椎分離症・すべり症

中学生ぐらいの活発にスポーツをやっている子に多いが成人、高齢者にも起きることがある。
腰椎分離症・すべり症は症状や原因が似ていますが、根本的には違うものになります。

分離症・・・腰椎の棘突起と呼ばれる部位が折れ、腰痛が起こります。
すべり症・・・腰椎を形成している椎骨が滑ってしまいずれてしまうため腰痛がおきる。

症状が急激に現れることもあるがほとんど症状がないものもありさまざまです。
筋力やからだの柔軟性などから起きるものや、運動中の体の動かし方に原因があるものも!

☆治療は
折れた骨がくっつかなくても改善していく例もあり、体の使い方、柔軟性の獲得などセルフケアがとても重要。

☆すべての腰痛に共通することは



まずは、原因をとってあげること。完全に取れなくても、少しでも減らす工夫をしてみましょう。



痛みの強い時は安静にして強い痛みがひくまで待ちましょう。コルセット、腹帯などで固定すると楽です。筋疲労に対しては、温めて循環をよくしましょう。背骨のゆがみに対しては痛みが出ない範囲でストレッチしてみて下さい。

初期の対処方法はこちらを参考にしてください。⇒腰痛の対処方法

 ≪つらい腰痛をお持ちの方へ≫

332072.jpg腰痛を改善させるためには原因を特定し緊張している筋肉をほぐし、動かなくなった筋肉を動かせるようにして本来発揮される腰を支える機能を復活させる必要があります。そのためには原因を特定ししかっりとした治療、トレーニングを行う必要があります。

痛み止めや安静では症状が改善されず我慢しながら仕事や家事に追われている方も多いです。

体に負担をかけているから痛いのは当たり前だと思っている方!一度来院して原因を見つけてみませんか?

当院はお一人お一人に時間をかける治療を行っているため、完全予約制ではありませんが、予約をとっての来院をお勧めしています。

当院は、扶桑、柏森、小牧などから治療に見えています。
小牧の腰痛治療や扶桑の肩こり治療、柏森のスポーツ障害治療など行っております。犬山市でお勧めの治療院です。ネット予約.png


犬山市だけでなく、岐阜方面からの来院もあります。犬山の鍼灸です。治療をして症状の改善を目標に施術をおこないます。